一週間を基準に食べる量を調節する

一日一食ダイエットやら、炭水化物ダイエット、糖質制限ダイエットなど、いろんな種類のダイエットが巷では流行っている。

私もテレビで取り上げられたりネットで流行っているダイエット法をいくつか試してみたことがあるけど、あまり続かなかった。

その理由を私なりに考えてみた。

例えば一日一食ダイエット。

最初に3日ぐらいは余裕で出来る。

そもそも痩せたい!と強く思っているからその強い思いが持続している時期だから。

甘いダイエット茶、美甘麗茶の効果がやばい
でも、ふだん食べている時間帯に一人でいるなら問題ないけど、そうでない場合は、実に食欲との戦いで、とても疲れる。

そして、食欲に負けて食べてしまった時の罪悪感。

自分はなんてダメな人間だろうと落ち込む。

そうなると、ダイエットは続くわけがない。

気分がネガティブなんだから、何をしていても楽しくなく、そのストレスでドカ食いしてしまう。

どうせ私なんかこの程度のことも出来ないんだから、とか、もうどうでもいいや、などの投げやりな気分になるから。

そこで、自分に厳しい課題を課するのをやめようと思った。

ダイエットにしても自分を許しながらだったら続けられるのではないかと思ったのだ。

一日一食とか一日何カロリーということではなく、そして食べたいものを我慢するのでもない。

数字にこだわらず食べ物にもこだわらない。

でも、一週間で帳尻を合わせるというダイエット。

例えば週の初めに食べすぎた時には、後半には食事やデザートの中で好きなもののうちから一つ、二つを減らす。

食べたかったらまた来週食べればいい、と思えるので、案外とストレスにもならない。

夜に飲み会が続くなら、朝と昼のご飯は軽めにしておく、なども有効だった。

スポーツクラブやプールに通う時間がない人にはおすすめのダイエット法なので、ぜひ試してみて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です